ヤバOL記

移動してきました

なんで無視するのって目の前で大泣きしてやったので、珍しい時間に返信が来た。

どうやらこまめにチェックしているようだ。

 

以前、彼の家へ夜遅い時間に行ったときもそうだ。

遅くまで働いて疲れているだろうから、迎えに来てなんて言えない。

深夜に一人、歩いて彼の家へ向かう私のことをどう思っているのかなあと考えながら「今家出たよ」とLINEを送る。

「危ないから迎えにいくよ」、「迎えに行けなくてごめんね」、「気をつけて来てね」、何かしら心配はしてくれるという想定で、彼からのLINEの返事を想像する。

スマホがピロンと鳴り、「了解」の二文字が夜道でピカピカと輝いているのを見た瞬間、キレた。

お仕事が忙しいのは知ってる。でも電話がしたいのもLINEがしたいのも会いたいのも私の方ばっかり。会ってもずっとスマホをいじっていて、私の話もちゃんと聞いてない。

彼は本当に私のことが好きなんだろうか?そんな風に悩んでいた時期だった。

彼の家まで数十メートル。この道をまっすぐ行けばすぐという所で立ち止まって電話をかける。

「迎えに来て」

 

食べかけの焼きそば放置して飛んできてくれた。

それ見て流石に悪いことしたなって思ったけど、どうでも良くはないんだなとわかって少し嬉しかった。

それ以来、別に良いのにって時でも迎えに来てくれるし、送ってくれるようになった。

一応彼なりに、私を泣かせたり怒らせないように気をつけているらしい。

開口一番、なんで怒ってるの?迎えに来なかったから?って聞いてきたので、全然わかってないなこいつと思ったけど、迎えに来てくれたのでそれ以上何も言わなかった。

 

大好きだって口で言うのは簡単だけど、夜道を一人で歩かせても平気で、少しも心配じゃないなら、君は私のこと大好きじゃないんだよ。

君の「大事にする」って私のと違うみたい。全然わかんない。

私の「大事にする」は、悲しませないようにする、不安にさせないようにする、嫌がることをしないようにする、よく観察して小さなことも気づいてあげる、喜ぶことをしてあげる、守ってあげる。

なんで大好きで大事なのに放っておいて寂しくさせて泣かせるんだろう。全然わかんない。